ブランクありの看護師向けの求人を探せる!

header
 
caution
ブランクナース向けの求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、ブランクナース向けの良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、求人を探すブランクありの看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらではブランクナース向けの条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「看護師に復帰したい!」「ブランクナース向けの良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

ブランクありの看護師向けの条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ ブランクナース向けの求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 ナースではたらこ

4-300

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「ブランクナース向けの非公開求人」 が揃っています。

 

ブランクナース向けの求人の中でも特に「研修が充実」「残業が少なくて休みが多い」「復帰しやすい優しい環境」そんな条件の良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ ブランクナース向けの求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録してブランクナース向けの求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ ブランクナース向け求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution
2つ以上の転職サイトに登録?

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと ブランクナース向けの条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトではブランクナース向けの求人は3つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに4つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計7つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


臨床の現場で働いていた看護師でも、数年現場を離れいざ復職したいと思った際には、いくつか注意点があります。医療現場は日々進歩を続けています。そのため、以前の呼び方とは異なった呼び方となっているものもあるんですね。よく、現場復帰のためには復習が大切ということで、昔使用していた専門書や看護学校の頃のテキストなどで勉強しようとする看護師もいます。
ですが、この方法では、今の医療現場に対応することは不可能なんですね。復職を目指して学習するのであれば、まずは最新の本を購入し、最新の情報を確認していくことが大切になるんです。
知識は多少変わったとしても、技術に関しては変わりないだろうと考える看護師もいるかもしれません。ですが、技術というのは普段使っていないと忘れてしまったり、衰えてしまうものですよね。ただ、看護技術はある程度身体が覚えていますので、何回か復習をすることで取り返すことが出来ます。ですので、復職支援研修などを利用し、しっかり練習することが可能です。
初心に戻るような気持ちで、まずは研修を受けてみるというのはいかがでしょうか。「私はベテランだから、若い看護師には負けたくない」というような妙なプライドは捨てて、みんなで医療を支えていこうというような気持ちで復帰することで、スムーズに復職できますよ。


以前は「看護婦さん」という呼び方をされていた看護師ですが、今では男性看護師も増加し、実際に免許自体も「看護師」へと変わっていますよね。これは、社会的に看護職は女性というわけではなく、男性も居るという事から、ニーズに合わせて変化したんですね。昔は、怪我をしたら消毒をし、ガーゼをあてて雑菌が入らないようにしていたのですが、今では水で汚れを洗い流し、乾燥させるという方法が主流となっています。
このように、以前は常識であったことが、今は過去の常識となってしまっているんですね。臨床現場で勤務していた時代には役職があり、経験が豊かだったとしても、その知識は古くなっていることもあるんです。看護の知識というのは、このように常に変化し続けているんですね。
ブランク看護師として復職しようとする際には、この知識の変化にも柔軟に対応していかなくてはなりません。臨機応変に対応するという事がとても重要になります。過去に得た知識も役に立つことがありますし、新しい知識が必要とされることもあります。
医療現場の変化というものを常に意識し、過去の知識を現在の知識に修正していくというような気持ちをもって、最新の医療の常識を学んでいくことが大切です。これが、復職に際してとても重要な意味を持ちます。


看護師の免許を持っている方の中には、看護師として働いていたものの一時的に退職し、再び看護師として働き始めたいと考えている人もいると思います。ですが、一度臨床の現場を離れてしまうと、知識や技術に不安を覚える看護師も多いんですね。実際に数年間臨床の現場を離れると、知識のズレや技術の衰えを感じる事になります。
退職後、一定期間経過した際の復職では、このような知識のズレや技術の衰えといったものをうまくカバーしてくれる職場を選ぶことが重要となります。復職支援に積極的な病院の場合、比較的余裕がある職場となっていますので、復職した場合にも、労働環境が良い状態で働く事ができることが多くなりますよ。
復職に際し、給料などを気にする看護師はとても多く居ます。ですが、実は給料よりもしっかり確認しておきたいことがあるんです。それは、福利厚生の待遇です。一時的に現場を離れた看護師には、何かしらの理由が存在しています。例えば、育児のため、体調不良のため、精神的な問題のため・・・など、様々ありますよね。
福利厚生がしっかりとしているのかどうか、同じような理由で再び一時的な休職が必要となった場合、退職しなくてはならないのか、休職という対応がなされるのかどうか、そのあたりを確認しておくといいですよ。キャリアに穴があかないことによって、職場での地位継承も可能となりますので、給料ばかりを気にするのはあまり得策ではありません。


看護師という仕事は、給料も高く、臨床経験によって昇給が見込める仕事です。新人看護師時代と比べて、5年や10年といった経験を持つ看護師は、ある程度の給料がもらえますし、待遇も良くなります。ですが、ブランクのある看護師の場合、多少の経験は考慮してもらえても、場合によっては新人看護師と同じような給料となる場合もあります。
臨床の現場を離れていた期間が長ければ長いほど、自分の看護技術に不安を感じる看護師もいますよね。知識が失われている、古くなっているということも考えられます。ある程度収入を期待していたのに、新人看護師と同じような給料となることも、ある程度は覚悟しておかなくてはなりません。ただ、覚えた技術や知識は少しずつ回復させることが出来ますので、認められれば給料が上がることも期待できますよ。
また、臨床現場は、看護師不足がとても深刻です。そのため、積極的にブランクのある看護師を雇用しようという動きも多くあるんですよ。ナースセンターやナースプラザなどで行われている、復職支援研修会などに積極的に参加するような看護師であれば、医療現場からも積極的だという部分をかわれ、採用を考えてもらえる可能性が高まります。
やる気を示し、復職のための就職活動を行うことは、厚待遇で復職するために必要なことでもあるんですね。

 
ブランクナース向けの仕事がしたい!

→ 1番おすすめのブランクナース向け 転職サイトを見る

 

民間の研修と就職について

uhudhjfdf

uhudhjfdf

実は、看護協会が主催する研修以外にも、
民間が行っている研修であったり、
病院が行う研修なども多くあるんです。

基本的には現場での経験がある人が対象となっていますが、
未経験の看護師でも研修に参加することが出来る場合も多くあるんですよ。

 

ブランクのある看護師向けに研修などを開いている病院では、
就業相談を行っている場合もありますし、
未経験の看護師でも積極的に採用を行っている場合が多いんです。

看護師として働きたいけど経験が無いからどうしよう・・・
と悩む前に、研修などに積極的に参加することが大切ですよ。

 

未経験の看護師の場合、研修を受けた際に
就業相談に乗ってもらえることが多くなり、
就職先を探すことが可能となります。

ただし、未経験看護師ならではの覚悟も必要となってきます。

 

それは、未経験看護師は、新人看護師同様に、
研修や勉強会などに多く参加する必要があることや、
勤務が過酷になることなどが挙げられます。

大きな病院に就職するとなれば尚更、
新人看護師同様に1年目は辛いものがあるでしょう。

 

ですので、看護師としてガッツリ働きたい!
といった気持ちがなくては、なかなか難しいとも言えますね。

福祉施設などで看護師として働くとなれば、
病棟看護師ほど大変だというわけではありませんが、

 

どちらの場合にせよ、日々勉強を積み重ね、
多くの知識と経験を得る必要があることは変わりません。

 

 

未経験看護師向けの研修もあります!

uyuthwkjsedf

uyuthwkjsedf

看護師の国家資格を持つ方の中には、
資格取得後に新卒看護師として就職しなかった方や、

何らかの事情で病棟勤務を行わなかったという、
看護師としての経験が無いという方もおられますよね。

 

「これから看護師として働きたい!」という希望や、
「病棟看護師になりたい!」というような希望を持っておられる方にとって、
現場での経験が無いということは大きな不安点になります。

この不安な点を解消するために、
研修を活用して潜在看護師から抜け出し、
看護師として働けるようにしましょう!

 

ブランクナースだけではなく、
未経験の看護師も受講することが出来るのが、
看護協会が主催している復職支援研修というものです。

これ以外にも、未経験看護師を対象とした研修や相談会、
見学などが実施されています。

 

とある県のナースセンターで募集が行われている
未経験看護師を対象とした研修では、
5日間9時~15時30分での実施が行われています。

参加費は無料で、昼食も付いています。
内容としては、1日に2つの施設をまわり職場の見学を行ったり、
看護技術を体験したり、相談会などが行われています。

 

実際に病院や施設などを職員と一緒にまわることが出来るんですよ。

 

 

勉強にお薦めの雑誌と煮詰まったときの対処方法

qgwyuhsdf

qgwyuhsdf

ブランクがある看護師が自分で勉強を行う際には、
基礎部分だけではなく、出来れば最新の情報を
学んでおきたいと感じますよね。

そのような際には、「エキスパートナース」や、
「プチナース」「ナース専科」などの
看護師向けの専門雑誌などがお薦めです。

 

「エキスパートナース」は、現場で役に立つ情報が豊富で、
テーマやトピックなどが毎号集約されているものです。

「プチナース」は、基礎の復習をしたい際には
もってこいのものとなっています。

 

そして、「ナース専科」は、基礎を徹底的に復習したり、
知識を豊富に得ることが出来る様な雑誌となっています。

このような雑誌を読んで勉強することで、
ブランクの不安を解消することが出来ますよ。

 

自分で勉強をして知識を補っていくことはとても大切なことですが、
一人で勉強をしているときには、
不明な点が出てきたり煮詰まってしまうこともありますよね。

そんなときには、研修などに参加してみるというのも、
大切なことなんです。

 

ブランクのある看護師向けに開催されている研修などは
とても多くありますので、まずは思い切って受講してみるのもお薦めです。

疑問点が解消されたり、
研修で新たな知識や技術が身についたという声も多くあります。

 

自分で勉強する以外にも、
このような研修などに参加してみることも視野に入れてみてくださいね。

 

 

自分で勉強・復習するためのお薦めの本

kghjsd

kghjsd

ブランク看護師にとって不安なことは、
自分の知識が現在の医療にも通用するのかどうかという点ですよね。

そのような点を解消するためにも、
自分で基本知識などを習得することが出来る本などを活用するのがお薦めです。

 

秀和システムが発売している「看護基礎知識辞典」という本であれば、
税別1,700円程度で販売されていますので、値段もお手ごろです。

看護で重要となる観察ポイントや、
看護技術、ケアのポイントなどがまとめられています。

 

こちらは辞典ですので、実際に復職してからも活用することが出来ます。
持っておきたい本の一つですね。

学生の頃に習ったような基礎の部分もしっかりと復習したい
というのであれば、新人看護師向けの本がお薦めです。

 

「看護師ポケットブック」という本は、
急変時の対応の仕方やケア、処置はもちろん、
検査や薬剤なんかも掲載されており、分かりやすい本になっています。

看護師向けの雑誌で有名である
エキスパートナースの編集部が手がけているんですよ。

 

ブランクのある看護師の場合、基礎の部分が分かれば、
知識なども思い出すことが出来ますし、

今までの知識を振り返ることが出来ますので、
このような本を読むという事はとてもお薦めの方法です。

 

 

ブランク看護師の実際と研修制度の活用

njfdfjaf

njfdfjaf

ブランクがある看護師が復職し、実際に仕事をはじめてから、
すぐに辞めてしまうという方が多いのはご存知ですか?

ブランクがあるために、仕事になかなか慣れることが出来ないという理由や、
自分が今まで培ってきた技術や知識が役に立たなかったという理由もあるんです。

 

思っていたよりも大変であったという場合が多く、
「ブランクがあってもなんとかなる!」という考え方では、
失敗してしまうこともあるんですね。

復職の際には、ブランクのある看護師に対しての教育などが行われているような、
ある程度受け入れ体制の整った職場を選ぶことが重要なんです。

 

ブランクがあるということが原因で、
引け目を感じてしまうという方もおられますよね。

そのような事を感じなくても済むように、
ブランク看護師向けの研修などに参加することで、
自分に自信をつけることが出来ます。

 

今と昔の現場の違いであったり、
自分の知識や技術は活かせるのかということも学ぶことが出来るので、
このような研修などに関しても調べておく必要があります。

看護師の活躍の場は、様々な分野に広がっていますので、
医療現場以外での復職も可能です。

 

看護師の資格があることはかなり強みとなりますので、
色んな場所で働く事が出来るんですよ。

ブランクの間に身につけた知識や経験なども
役に立てることができたら嬉しいですよね。

 

ブランクがあっても復職することは可能ですので、
一歩踏み出してみる勇気を出してみてくださいね。

 

 

復職の際に気をつけたい条件面のお話

ahjkakjsf

ahjkakjsf

復帰する際の条件として考えておいたほうが良い条件は、
託児所以外にもあります。

それは、自宅から職場までの時間であったり、
通勤方法などといったことです。

 

お子さんを保育園や幼稚園に車で送っていき、
そのまま仕事に向かうというのであれば、
車での通勤が可能な職場でなくてはいけませんよね。

交通の便が良くない場所に住んでいる場合などにも、
車での通勤は必須となりますよね。

 

また、事故などが起きた際に、
職場に報告している通勤方法とは違った方法をとった場合には、
補償してもらうことが難しい場合もあります。

このように、自分が通勤したい方法とあっているのかという部分も、
条件としてみておく必要があるんですよ。

 

復帰するためには、様々な条件をつけることが必要となりますし、
自分の希望する条件と合った職場を探したいと考えるのは当然ですよね。

もちろん、自分が希望する条件をつけて探すことが大切です。

 

ですが、あまり条件をつけすぎると、
逆に職場を見つけることが難しくなってしまうんです。

復職したいのに職場が見つからないというのは困りますよね。

 

条件をつけるならば、絶対に譲れないものを3つ程度にとどめ、
その他の条件は、合えばいいな
というくらいの気持ちを持っておくことが大切なんですよ。

 

 

ブランクナースが復帰をする際の重要な条件

iuhejkfs

iuhejkfs

ブランクのある育児中の看護師が再就職しようとするときに、
必須とも言える条件があります。

それは、託児所の存在です。

 

産休を終えて仕事に復帰しようとしても、
保育施設に空きがなかった場合には復帰することが
出来なくなってしまいますよね。実際にそのような事もあるんですよ。

託児所を併設している病院や、提携している病院というのは多くあり、
育児中の復帰がしやすくなっています。

 

病院に併設されている託児所や、提携している託児所というのは、
保育園などに比べると料金がお手ごろになっているんです。

そのような点を踏まえても、育児中の看護師の復帰条件として、
託児所付きかどうかという点は重要になってきますよね。

 

小・中・高校生くらいのお子さんがおられる方であれば、
出来れば日勤のみがいいという方もおられるでしょう。

最近は、日勤のみの看護師の求人が増えてきているんですよ。

 

病院だけでなく、福祉分野などを見てみると、
そのような募集は多くあるんです。

日勤のみであれば、お子さんが帰宅する時間には家にいて、
食事を作ったり、ゆっくりと過ごすことが出来ますよね。

 

残業がなく夕方には帰れるという条件などで探してみるのもいいですね。
自分の条件に合った職場を見つけるためにも、
譲れる条件と譲れない条件はしっかりと伝えることが大切です。

 

 

ブランクがあっても復職できるの?

kjahsf

kjahsf

以前は看護師としてバリバリ働いていたけれど、
出産や育児、結婚や介護といったことが理由で退職した
という方は、多くおられますよね。

看護師が離職する理由として多いのが、
出産・育児といった内容になっているんです。

 

そして、子育てなどが落ち着いたから
復職したいと考える方も多くおられるんですよ。

ですが、一度現場から離れてしまうと、
長期間看護師として働いていないことが不安であったり、
再就職が難しいのではないかと考えてしまいますよね。

 

ですが、安心してください!
看護師は、ブランクがあっても復職しやすいという特徴があるんです。

ブランクの年数として1~3年は問題にならず、
実際に10年、20年といったブランクのある方でも
看護師として復職している方もおられるんですよ。

 

ブランクがあっても復職しやすい職であるという部分に、
疑問を持つ方もおられるでしょう。

看護師という仕事は、知識や技術を伴う仕事であるのに、
どうしてブランクがあっても復職がしやすいのでしょうか。

 

その背景には、慢性的な人材不足と、
国家資格がなければいけない仕事であるという点があるんです。

看護師として働いていた頃に、病棟の看護師が足りず、
少数で仕事をしていたという経験をお持ちの方もおられるでしょう。

 

実は、このような人材不足は、現在ではさらに深刻になっているんです。
看護師の需要は高まっており、活躍の場も、医療だけに留まらず、
教育・介護・企業などといった広がりを見せています。

これらの理由から、
ブランクがあっても看護師として復職することは可能なんですね。

 

 

ナースに復帰したいけど研修はあるの?

cbaea

看護師はブランクが不安

cbaea
看護師の仕事は女性が圧倒的に多いので、
結婚や出産で退職される方が多いのが特徴です。

しかし、人の命をあずかる職業で、
志を持って国家資格を取得した人たちです。

 

一度現場を離れますが、
子育てに専念して子どもに手がかからなくなったら、
復帰を考える人が多いのです。

しかし、看護学校を卒業し職場に就いて、
懸命に仕事を覚えた知識や技術から離れて、
ブランク期間があると不安になるものです。

 

医療機関の技術は日進月歩で進んでおり、
新しい医療機器も入っているでしょうし
、新薬も出ているでしょう。

何よりも、現場では患者のちょっとしたしぐさで
異常を感じる勘が必要になります。

 

この勘がどれだけ健在であるかは
現場に立ってみなければなりません。

 
 
 

カムバック研修とは?

ブランクのある人は、みなさん復帰を考えた時に
このような不安を持つものです。

このような不安を解消するためのカムバック研修は、
いろいろな機関で行われております。

 

医療機関が行うこともありますし、
独自に医療法人でも行っております。

期間は3日間から一週間程度でカリキュラムを組み、
離れていた期間に新しく導入された
知識・技術を学ぶことができます。

 

そうして、その後に現場に入って
マンツーマンで職場経験を行うのが一般的です。

 
 
 

実戦的なカリキュラム内容

agwae
結婚や出産、育児で看護の現場を離れてしまうと、
どうしても看護に対する感覚が鈍ってしまったり、
日々新しくなる看護の知識や技術に
ついていけなかったりする事があります。

そこでそんなブランクを考えて
職場復帰に対しての躊躇している方が復職しやすい様に
院内での研修制度を行っている病院があります。

 

あらかじめカリキュラムが決まっており、
その病院で仕事を行う上で
必要な医療技術に対しての知識や技術を教えてくれます。

また、看護師として一番大切な
患者さんとの関わり方や
対応の仕方なども教えてくれます。

 
 
 

スムーズな復帰は気持ち次第!

新人研修ならば、看護技術に対して
じっくりと時間を掛けて学び、
患者さんの対応から先輩について学ぶことになります。

しかし一度看護の世界で仕事をして来た人の職場復帰ならば、
カリキュラムを通して
徐々に看護に対しての感覚や技術を思い出して行けます。

 

ですので、新人よりも早く実践に出る事になりますし、
実践を通して新しい技術や知識を学ぶことになります。

ブランクがあれば職場復帰には躊躇する事もありますが、
病院側でも職場復帰しやすいような工夫を
用意してサポートしてくれます。

 

看護についての知識や技術を何でも吸収していく様な
気持ちと心構えがあれば、
スムーズに復職する事が出来ます。