ブランクがあっても復職できるの?

kjahsf

kjahsf

以前は看護師としてバリバリ働いていたけれど、
出産や育児、結婚や介護といったことが理由で退職した
という方は、多くおられますよね。

看護師が離職する理由として多いのが、
出産・育児といった内容になっているんです。

 

そして、子育てなどが落ち着いたから
復職したいと考える方も多くおられるんですよ。

ですが、一度現場から離れてしまうと、
長期間看護師として働いていないことが不安であったり、
再就職が難しいのではないかと考えてしまいますよね。

 

ですが、安心してください!
看護師は、ブランクがあっても復職しやすいという特徴があるんです。

ブランクの年数として1~3年は問題にならず、
実際に10年、20年といったブランクのある方でも
看護師として復職している方もおられるんですよ。

 

ブランクがあっても復職しやすい職であるという部分に、
疑問を持つ方もおられるでしょう。

看護師という仕事は、知識や技術を伴う仕事であるのに、
どうしてブランクがあっても復職がしやすいのでしょうか。

 

その背景には、慢性的な人材不足と、
国家資格がなければいけない仕事であるという点があるんです。

看護師として働いていた頃に、病棟の看護師が足りず、
少数で仕事をしていたという経験をお持ちの方もおられるでしょう。

 

実は、このような人材不足は、現在ではさらに深刻になっているんです。
看護師の需要は高まっており、活躍の場も、医療だけに留まらず、
教育・介護・企業などといった広がりを見せています。

これらの理由から、
ブランクがあっても看護師として復職することは可能なんですね。