自分で勉強・復習するためのお薦めの本

kghjsd

kghjsd

ブランク看護師にとって不安なことは、
自分の知識が現在の医療にも通用するのかどうかという点ですよね。

そのような点を解消するためにも、
自分で基本知識などを習得することが出来る本などを活用するのがお薦めです。

 

秀和システムが発売している「看護基礎知識辞典」という本であれば、
税別1,700円程度で販売されていますので、値段もお手ごろです。

看護で重要となる観察ポイントや、
看護技術、ケアのポイントなどがまとめられています。

 

こちらは辞典ですので、実際に復職してからも活用することが出来ます。
持っておきたい本の一つですね。

学生の頃に習ったような基礎の部分もしっかりと復習したい
というのであれば、新人看護師向けの本がお薦めです。

 

「看護師ポケットブック」という本は、
急変時の対応の仕方やケア、処置はもちろん、
検査や薬剤なんかも掲載されており、分かりやすい本になっています。

看護師向けの雑誌で有名である
エキスパートナースの編集部が手がけているんですよ。

 

ブランクのある看護師の場合、基礎の部分が分かれば、
知識なども思い出すことが出来ますし、

今までの知識を振り返ることが出来ますので、
このような本を読むという事はとてもお薦めの方法です。