ブランクありの看護師向けの求人を探せる!

header
 
caution
ブランクナース向けの求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、ブランクナース向けの良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、求人を探すブランクありの看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらではブランクナース向けの条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「看護師に復帰したい!」「ブランクナース向けの良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

ブランクありの看護師向けの条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ ブランクナース向けの求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 ナースではたらこ

4-300

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「ブランクナース向けの非公開求人」 が揃っています。

 

ブランクナース向けの求人の中でも特に「研修が充実」「残業が少なくて休みが多い」「復帰しやすい優しい環境」そんな条件の良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ ブランクナース向けの求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録してブランクナース向けの求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ ブランクナース向け求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution
2つ以上の転職サイトに登録?

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと ブランクナース向けの条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトではブランクナース向けの求人は3つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに4つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計7つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


臨床の現場で働いていた看護師でも、数年現場を離れいざ復職したいと思った際には、いくつか注意点があります。医療現場は日々進歩を続けています。そのため、以前の呼び方とは異なった呼び方となっているものもあるんですね。よく、現場復帰のためには復習が大切ということで、昔使用していた専門書や看護学校の頃のテキストなどで勉強しようとする看護師もいます。
ですが、この方法では、今の医療現場に対応することは不可能なんですね。復職を目指して学習するのであれば、まずは最新の本を購入し、最新の情報を確認していくことが大切になるんです。
知識は多少変わったとしても、技術に関しては変わりないだろうと考える看護師もいるかもしれません。ですが、技術というのは普段使っていないと忘れてしまったり、衰えてしまうものですよね。ただ、看護技術はある程度身体が覚えていますので、何回か復習をすることで取り返すことが出来ます。ですので、復職支援研修などを利用し、しっかり練習することが可能です。
初心に戻るような気持ちで、まずは研修を受けてみるというのはいかがでしょうか。「私はベテランだから、若い看護師には負けたくない」というような妙なプライドは捨てて、みんなで医療を支えていこうというような気持ちで復帰することで、スムーズに復職できますよ。


以前は「看護婦さん」という呼び方をされていた看護師ですが、今では男性看護師も増加し、実際に免許自体も「看護師」へと変わっていますよね。これは、社会的に看護職は女性というわけではなく、男性も居るという事から、ニーズに合わせて変化したんですね。昔は、怪我をしたら消毒をし、ガーゼをあてて雑菌が入らないようにしていたのですが、今では水で汚れを洗い流し、乾燥させるという方法が主流となっています。
このように、以前は常識であったことが、今は過去の常識となってしまっているんですね。臨床現場で勤務していた時代には役職があり、経験が豊かだったとしても、その知識は古くなっていることもあるんです。看護の知識というのは、このように常に変化し続けているんですね。
ブランク看護師として復職しようとする際には、この知識の変化にも柔軟に対応していかなくてはなりません。臨機応変に対応するという事がとても重要になります。過去に得た知識も役に立つことがありますし、新しい知識が必要とされることもあります。
医療現場の変化というものを常に意識し、過去の知識を現在の知識に修正していくというような気持ちをもって、最新の医療の常識を学んでいくことが大切です。これが、復職に際してとても重要な意味を持ちます。


看護師の免許を持っている方の中には、看護師として働いていたものの一時的に退職し、再び看護師として働き始めたいと考えている人もいると思います。ですが、一度臨床の現場を離れてしまうと、知識や技術に不安を覚える看護師も多いんですね。実際に数年間臨床の現場を離れると、知識のズレや技術の衰えを感じる事になります。
退職後、一定期間経過した際の復職では、このような知識のズレや技術の衰えといったものをうまくカバーしてくれる職場を選ぶことが重要となります。復職支援に積極的な病院の場合、比較的余裕がある職場となっていますので、復職した場合にも、労働環境が良い状態で働く事ができることが多くなりますよ。
復職に際し、給料などを気にする看護師はとても多く居ます。ですが、実は給料よりもしっかり確認しておきたいことがあるんです。それは、福利厚生の待遇です。一時的に現場を離れた看護師には、何かしらの理由が存在しています。例えば、育児のため、体調不良のため、精神的な問題のため・・・など、様々ありますよね。
福利厚生がしっかりとしているのかどうか、同じような理由で再び一時的な休職が必要となった場合、退職しなくてはならないのか、休職という対応がなされるのかどうか、そのあたりを確認しておくといいですよ。キャリアに穴があかないことによって、職場での地位継承も可能となりますので、給料ばかりを気にするのはあまり得策ではありません。


看護師という仕事は、給料も高く、臨床経験によって昇給が見込める仕事です。新人看護師時代と比べて、5年や10年といった経験を持つ看護師は、ある程度の給料がもらえますし、待遇も良くなります。ですが、ブランクのある看護師の場合、多少の経験は考慮してもらえても、場合によっては新人看護師と同じような給料となる場合もあります。
臨床の現場を離れていた期間が長ければ長いほど、自分の看護技術に不安を感じる看護師もいますよね。知識が失われている、古くなっているということも考えられます。ある程度収入を期待していたのに、新人看護師と同じような給料となることも、ある程度は覚悟しておかなくてはなりません。ただ、覚えた技術や知識は少しずつ回復させることが出来ますので、認められれば給料が上がることも期待できますよ。
また、臨床現場は、看護師不足がとても深刻です。そのため、積極的にブランクのある看護師を雇用しようという動きも多くあるんですよ。ナースセンターやナースプラザなどで行われている、復職支援研修会などに積極的に参加するような看護師であれば、医療現場からも積極的だという部分をかわれ、採用を考えてもらえる可能性が高まります。
やる気を示し、復職のための就職活動を行うことは、厚待遇で復職するために必要なことでもあるんですね。

 
ブランクナース向けの仕事がしたい!

→ 1番おすすめのブランクナース向け 転職サイトを見る