ナースに復帰したいけど研修はあるの?

cbaea

看護師はブランクが不安

cbaea
看護師の仕事は女性が圧倒的に多いので、
結婚や出産で退職される方が多いのが特徴です。

しかし、人の命をあずかる職業で、
志を持って国家資格を取得した人たちです。

 

一度現場を離れますが、
子育てに専念して子どもに手がかからなくなったら、
復帰を考える人が多いのです。

しかし、看護学校を卒業し職場に就いて、
懸命に仕事を覚えた知識や技術から離れて、
ブランク期間があると不安になるものです。

 

医療機関の技術は日進月歩で進んでおり、
新しい医療機器も入っているでしょうし
、新薬も出ているでしょう。

何よりも、現場では患者のちょっとしたしぐさで
異常を感じる勘が必要になります。

 

この勘がどれだけ健在であるかは
現場に立ってみなければなりません。

 
 
 

カムバック研修とは?

ブランクのある人は、みなさん復帰を考えた時に
このような不安を持つものです。

このような不安を解消するためのカムバック研修は、
いろいろな機関で行われております。

 

医療機関が行うこともありますし、
独自に医療法人でも行っております。

期間は3日間から一週間程度でカリキュラムを組み、
離れていた期間に新しく導入された
知識・技術を学ぶことができます。

 

そうして、その後に現場に入って
マンツーマンで職場経験を行うのが一般的です。

 
 
 

実戦的なカリキュラム内容

agwae
結婚や出産、育児で看護の現場を離れてしまうと、
どうしても看護に対する感覚が鈍ってしまったり、
日々新しくなる看護の知識や技術に
ついていけなかったりする事があります。

そこでそんなブランクを考えて
職場復帰に対しての躊躇している方が復職しやすい様に
院内での研修制度を行っている病院があります。

 

あらかじめカリキュラムが決まっており、
その病院で仕事を行う上で
必要な医療技術に対しての知識や技術を教えてくれます。

また、看護師として一番大切な
患者さんとの関わり方や
対応の仕方なども教えてくれます。

 
 
 

スムーズな復帰は気持ち次第!

新人研修ならば、看護技術に対して
じっくりと時間を掛けて学び、
患者さんの対応から先輩について学ぶことになります。

しかし一度看護の世界で仕事をして来た人の職場復帰ならば、
カリキュラムを通して
徐々に看護に対しての感覚や技術を思い出して行けます。

 

ですので、新人よりも早く実践に出る事になりますし、
実践を通して新しい技術や知識を学ぶことになります。

ブランクがあれば職場復帰には躊躇する事もありますが、
病院側でも職場復帰しやすいような工夫を
用意してサポートしてくれます。

 

看護についての知識や技術を何でも吸収していく様な
気持ちと心構えがあれば、
スムーズに復職する事が出来ます。